忍者ブログ
色が 光が 音が 匂いが あちらこちらで賑やかにはじける嬉しさ
[480]  [479]  [474]  [475]  [478]  [469]  [477]  [476]  [473]  [470]  [472
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最近、なんだかすごい人たちのコミュニティに参加しているけれど、
なぜか劣等感を感じない。
私は彼らのようにすごくはないけど、
そして彼らを尊敬するけど、
それは劣等感には直接は結びつかない気がしてる。

同じコミュニティのメンバーが、最近よく劣等感を感じると言っていたので、なんだか気になってしまって。

劣等って等級が劣るということ、
つまり劣等の対極には優等があって、1本の数直線の中で優劣をつけて考えているから感じるものなのではないかな。

あの子は算数が得意だけど、私は国語が得意
あの子はスタイルがよいけど、私は力持ち
とか、そういうふうに軸を複数設けて、
それぞれ優れたところは違うから劣等感を持つことはないのだ、
という思考方法では、劣等感を一度感じてしまった人の助けにはならないかもしれない(なることもあるかもしれないけれど)。

たとえ軸が何本あったとしても、その中で優劣を、
しかも交換可能な優劣を(あの子が算数が得意な分、その分私は国語が得意というように)つけているから。
優劣をつけるという土俵の中の思考だから。

そうじゃなくて、優れているとか劣っているとかではなくて、どの軸の上でも優劣なんてものはないのだと思う。
(目に見える外部の評価、お給料とか、ステータスとかはまた別かな。
そこにある優劣の土俵から出るためには、
その評価自体が真正でないとか、その評価をすること自体が価値を歪めている側面があるとかいう論理が必要かもしれない。)

軸という表現とは矛盾するかもしれないけれど、メビウスの輪のようなイメージ。
自分の立っているところから尊敬している人のほうを見て、
そのままずっと先を見ていくと、いつの間にか自分の立っている裏側に来て、
さらにそのまま行きつづけると自分の立っているところに戻ってくる。
そんなかんじ。

でも、メビウスの輪のような永遠に回り続ける優劣は、個人と個人の比較だけでは想定しにくい。
比べるのではなく、協同する時に、最優秀とその逆という点から点への数直線の上のではない違いの認め方が生まれるのではないかな。

別のメンバーが、このコミュニティでは違いが受け入れられている感じがして安心できる、と言っていたのもわかる気がする。
優劣ではないけれど、でも違うということ。
力をあわせて動こうとするコミュニティだからこそ、直線ではない軸で見ることが可能になっているのではないだろうか。

なんて、とりとめもなく。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
PROFILE
もともと色がよかったわけでも
全てがいたづらだったわけでも
深くよをながめていたわけでも
ないけれど
それでも
うつりにけりな
と思ってしまう今日この頃
               HN:
               Dolphin

お知らせ:当ブログではトラックバックを承認制にしております。トラックバック後すぐには反映されません。
記事やブログに無関係なトラックバック、コメントは削除することがございます。

カウンター:
参加中:にほんブログ村
ランキング参加中:BlogPeople
このブログの購読:RSSフィード

NEW CM&TB
NEW COMMENTS
秋って…なんだろBlogPetのはなの
(11/08)
きょうはなのは、BlogPetのはなの
(10/09)
ジューシーってなBlogPetのはなの
(09/13)

LATEST TRACKBACK
(10/11)
CALENDAR
10 2017/11 12
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
MEMOS
・・・ テンプレートに関して ・・・

・・・ タイトルに関して1 ・・・

・・・ タイトルに関して2 ・・・
忍者ブログ [PR]