忍者ブログ
色が 光が 音が 匂いが あちらこちらで賑やかにはじける嬉しさ
[558]  [557]  [556]  [555]  [554]  [553]  [552]  [551]  [550]  [549]  [548
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

漢字の誤変換はどうしようもないですものね。
このブログ上でもかなりあったりします。
あとで読んで気付いたら直していますが。

その後、見直しをすれば恥ずかしい思いはしなくても済む。
でも、何ページにも渡る書類を見直す暇もなし。
やっぱり変換した直後に確認して次の文章を打つのが一番なのかな。

でも頭では次の文章を考えていて、すぐに次の文章を打ってしまうからなかなか見直しもできません。
見直しをしようとしてたらせっかく考えてついた言い回しを忘れてしまいそうだし。

重要な書類はちゃんと印刷前、テストプリント後と確認するけれど、ちょっとした書類なら、変換ミスも御愛嬌…っていう開き直りも必要なのかな。
問題は、パソコンの変換って学習機能があるから、普段使っている変換がばれてしまうこと。

あと、いざメンバーに配ったレジュメと同じものを手元において話を進めようとしたら、変換がおかしすぎて(あとは打ちまちがえも)もとの言葉がわからず止まってしまったこともありました。

機械のミスの誤変換より、人間側のミスと思われる誤変換のほうが恥ずかしかったりして。
対象と対称と対照とか、関心と感心と歓心とか。
小学校のテストに出てくるような、手書きでも間違えそうな字をまちがえるのって、すごく恥ずかしいかも。

このリサーチによれば6、7割の人が変換ミスで恥ずかしい思いをしたそうです。
もっといるかとおもったけど、皆さん身長にチェックされてるんですね。
Yahooクリックリサーチ「あなたは漢字の変換ミスで恥ずかしい思いをしたことがありますか?」

具体的な間違いは恥ずかしいので書けないけど…
誤変換を集めたお腹の河がよじれそうなページがあったので紹介します。
ことば遊びの重箱(変換する)

去年「今年から貝が胃に棲み始めました」(今年から海外に住み始めました)などのおもしろ変換ミスのコンテストをした漢検が今年も大勝を決めるそうです。
変漢ミスコンテスト
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
PROFILE
もともと色がよかったわけでも
全てがいたづらだったわけでも
深くよをながめていたわけでも
ないけれど
それでも
うつりにけりな
と思ってしまう今日この頃
               HN:
               Dolphin

お知らせ:当ブログではトラックバックを承認制にしております。トラックバック後すぐには反映されません。
記事やブログに無関係なトラックバック、コメントは削除することがございます。

カウンター:
参加中:にほんブログ村
ランキング参加中:BlogPeople
このブログの購読:RSSフィード

NEW CM&TB
NEW COMMENTS
秋って…なんだろBlogPetのはなの
(11/08)
きょうはなのは、BlogPetのはなの
(10/09)
ジューシーってなBlogPetのはなの
(09/13)

LATEST TRACKBACK
(10/11)
CALENDAR
06 2017/07 08
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
MEMOS
・・・ テンプレートに関して ・・・

・・・ タイトルに関して1 ・・・

・・・ タイトルに関して2 ・・・
忍者ブログ [PR]