忍者ブログ
色が 光が 音が 匂いが あちらこちらで賑やかにはじける嬉しさ
[234]  [233]  [232]  [230]  [229]  [228]  [227]  [226]  [225]  [224]  [223
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

blogpetが俳句を詠むのが楽しくって
はなのが疲れるかな
と思いつつクリッククリック

200首をこえたので
俳句鑑賞をしてみます
(前回の様子はこちら
今回は絵文字もつけてみようと思います

では早速

「この知識 経験すれば 無条件
知識と経験はともに必要なものでもあり
また知識があればより深い経験をできる、
経験があれば知識をより理解できるという意味で補い合うものでもある。
知識を経験するというのはこの補い合いを意味している。
頭で理解しようとしても困難な複雑な知識でも、実際に経験することによって
無条件といっていいくらいに身につけることができる。
体言止めで余情を残しながら、体験学習の重要性を説いた一句。

「あの心地 日焼けするのは 暖炉だね
夏、海辺でサンオイルを塗って寝そべっている若い男女を見て
若い頃を反省を込めて思い出す老人。
日焼けは暖炉の火で火傷をするのと同じことで
急激に焼いては水ぶくれなどが出来て危険だと知っているが
一方でビーチでまどろむのは
暖炉の前でうとうとするのと同じくらい気持ちがいいことも知っている。
若者に注意したい思いと共感する気持ちで葛藤が起きている
その複雑な心中を詠んだ句。

「表面や ざわざわすれば 程遠い
現代の弘法と名高い書道家が、観客の中で書をしたためるという催し物があった。
書道家はゆっくりと墨をすっていたが、突然その墨をしまい、別の硯と墨ですりはじめた。
後で聞くと、観客のざわめきを感じながら墨をすってしまったために、墨汁の表面が穏やかにならなかったので、集中していい書をかける状態には程遠かったからだという。
集中することの難しさと、その大切さを、「や」というきれ字を用いて印象的に表した句。

あいかわらす無理やりな鑑賞文…
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
PROFILE
もともと色がよかったわけでも
全てがいたづらだったわけでも
深くよをながめていたわけでも
ないけれど
それでも
うつりにけりな
と思ってしまう今日この頃
               HN:
               Dolphin

お知らせ:当ブログではトラックバックを承認制にしております。トラックバック後すぐには反映されません。
記事やブログに無関係なトラックバック、コメントは削除することがございます。

カウンター:
参加中:にほんブログ村
ランキング参加中:BlogPeople
このブログの購読:RSSフィード

NEW CM&TB
NEW COMMENTS
秋って…なんだろBlogPetのはなの
(11/08)
きょうはなのは、BlogPetのはなの
(10/09)
ジューシーってなBlogPetのはなの
(09/13)

LATEST TRACKBACK
(10/11)
CALENDAR
06 2017/07 08
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
MEMOS
・・・ テンプレートに関して ・・・

・・・ タイトルに関して1 ・・・

・・・ タイトルに関して2 ・・・
忍者ブログ [PR]