忍者ブログ
色が 光が 音が 匂いが あちらこちらで賑やかにはじける嬉しさ
[623]  [622]  [621]  [620]  [619]  [618]  [617]  [616]  [615]  [614]  [613
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

まだまだ続くチョコレート三昧第6弾。

森永 小枝 深み抹茶

小枝といってもひとくちサイズの小さいのじゃなくて、
ポッキーくらいの長いバージョン。
食べ応えがあります。

ビターなかんじ。
名前の通り深い色をした、クランキー入りまっちゃ味チョコレートのまわりにビターなチョコレートがかかっています。
抹茶とチョコレートの苦味が強いです。
2本食べれば、もう十分。

関係ないけれど「形容詞の語幹+み」という日本語が好きです。
「山深み→山が深いので」という古文の用法も、
「赤みの強い」とか「弱みを見せる」とかいう名詞としてのかたちも。
「み」という音の柔らかさが好きだからだと思います。

Morinaga 写真画像
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
なるほど!
チョコの食べ過ぎに要注意では?
感想・・・
①良く食べるね~
②Mも最近頭がぼ~としている時、甘いものを食べると何故かスキットします?
③形容詞+み なるほど ウンウン
という訳で眠っていた古語辞典を出してきたよ!
角川書店 古語辞典 武田祐吉・久松潜一 編
初版発行S33・3・15
勉強しま~す!
近々講習を担当するので日本語をしっかり身につけなければね!(反省してます)

M先生 URL 2007/02/05(Mon)06:11:32 編集
Re:なるほど!
一人で一箱食べきっているわけではないのでご安心下さい!
全部食べてたら、確かに食べすぎですよね。
糖分は脳の活動に必要だそうです。(と、精糖工業会のCMでも言っていました?!)
古文はなかなか楽しいです。方言には古文の要素が残っている事もありますよね。時代別の日本語の変遷を、いつか勉強してみたいです。
【2007/02/05 13:20】
そうなんですか
慣れ親しんできた魚の名前が変わるんだ?
魚だけではなく、山菜の王様行者ニンニク
Mはアイヌ長から、これはアイヌねぎだよと教わったのに…今は使用禁止・どうなってるの!

逆にMはアイヌ語では何というの と訊ねたらキトビロと聞こえましたが最近店頭ではヒトビロとなってます。変なの><
Mの疎開の頃の話です
M先生 URL 2007/02/06(Tue)06:45:50 編集
Re:そうなんですか
お野菜の名前でも似たようなことはあるのですね。
あまり聞いた事のない魚ばかりだったので、そんなに衝撃を受けなかったのですが、慣れ親しんだ人にとっては意外なことかもしれませんね。
【2007/02/10 00:00】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
PROFILE
もともと色がよかったわけでも
全てがいたづらだったわけでも
深くよをながめていたわけでも
ないけれど
それでも
うつりにけりな
と思ってしまう今日この頃
               HN:
               Dolphin

お知らせ:当ブログではトラックバックを承認制にしております。トラックバック後すぐには反映されません。
記事やブログに無関係なトラックバック、コメントは削除することがございます。

カウンター:
参加中:にほんブログ村
ランキング参加中:BlogPeople
このブログの購読:RSSフィード

NEW CM&TB
NEW COMMENTS
秋って…なんだろBlogPetのはなの
(11/08)
きょうはなのは、BlogPetのはなの
(10/09)
ジューシーってなBlogPetのはなの
(09/13)

LATEST TRACKBACK
(10/11)
CALENDAR
10 2017/11 12
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
MEMOS
・・・ テンプレートに関して ・・・

・・・ タイトルに関して1 ・・・

・・・ タイトルに関して2 ・・・
忍者ブログ [PR]