忍者ブログ
色が 光が 音が 匂いが あちらこちらで賑やかにはじける嬉しさ
[58]  [57]  [56]  [55]  [54]  [53]  [52]  [51]  [50]  [49]  [48
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「ひ」の中では「陽」が一番好き
なんとなくだけど。

「ひ」の対になるのは「陰」
陰陽の「おん」
陰陽の「いん」
 これはちょっとした読み方の変化(へんげ?へんか?)
「かげ」と読む場合もある。

また別の「ひ」と対になる「かげ」がある。
「影」
今は暗くなっている部分をいうけど
「ほしかげ」「つきかげ」のように
もともとは明るい部分をさしていたようだ。
おもかげ、ひとかげのようにかたち全般にも使う。

「陰」はひっそりと後にかくれている力あるものというかんじ。
きらめく光に拮抗する力を持ちながら表に出てこないもの。
「動」に対する「静」
「正」に対する「負」のように。
かげりや覆われているところをさすこともある。

「影」は光に依存する実体のないもの。
古くは光があたってかたちが現れているところ
今では光があたらないためにかたちが現れているところ。
どちらでも、実体はないが影として映ることで光の存在を意識させる。

徳川家康の影武者は陰武者ではないけど
暗躍するのは影のではなく陰の実力者。

陰は光と同等かそれ以上の力を持っているのにその背後にいるだけ。
「ひ」と「陰」には対立しせめぎあう関係が感じられる。
影は光にすがっている。
「ひ」と「影」は共存関係。

人は光を見ることはできない。
見ているのは影だけ。
影を見て光があることを知る。

……以上とりとめなく思ったこと。
日本語っておもしろい。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
PROFILE
もともと色がよかったわけでも
全てがいたづらだったわけでも
深くよをながめていたわけでも
ないけれど
それでも
うつりにけりな
と思ってしまう今日この頃
               HN:
               Dolphin

お知らせ:当ブログではトラックバックを承認制にしております。トラックバック後すぐには反映されません。
記事やブログに無関係なトラックバック、コメントは削除することがございます。

カウンター:
参加中:にほんブログ村
ランキング参加中:BlogPeople
このブログの購読:RSSフィード

NEW CM&TB
NEW COMMENTS
秋って…なんだろBlogPetのはなの
(11/08)
きょうはなのは、BlogPetのはなの
(10/09)
ジューシーってなBlogPetのはなの
(09/13)

LATEST TRACKBACK
(10/11)
CALENDAR
08 2017/09 10
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
MEMOS
・・・ テンプレートに関して ・・・

・・・ タイトルに関して1 ・・・

・・・ タイトルに関して2 ・・・
忍者ブログ [PR]