忍者ブログ
色が 光が 音が 匂いが あちらこちらで賑やかにはじける嬉しさ
[277]  [275]  [274]  [273]  [272]  [271]  [270]  [269]  [268]  [267]  [266
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

スポーツの力ってすごいと思う。
オリンピックみたいに(祭典という面も大きいけれど)停戦の理由になってしまったり、
逆に「愛国心」を感じさせてしまったりする。

逆に、と書いたのは
スポーツが国境を越えるものであり、逆に国境を意識させるものであるという意味で。

教育基本法「改正」時に「愛国心」という言葉には反発するくせに
(私自身「」をつけるくらいなので、反発は当然だと思っていますが。)
サムライブルーなんて言って日の丸を振り回す。

それぞれがいいとか悪いとかではなくて、
ちょっとした撞着みたいなものを感じてしまうのです。
だからどちらかの立場に統一するべきだと言っているのではなくて、
それがある意味矛盾していることに気付いていないのが怖いと言いたいのです。
気付いていない…誰が?
マスコミが?
私も含め街行く人々が?
政治家が?

マスコミは気付いていても気付いていないふりをしていると思います。
もしくはその矛盾を矛盾ではないとする立場をとっているのかもしれません。
両方ともマスコミにとって必要なものだから。
雑誌などでは時々、二つをつき合わせて矛盾を指摘している記事を見かけますが、それはそれで、自分の発言によって自分の首を絞めているという矛盾を抱えることになるわけで。

政治家は気付いてないはずはなくて、利用しようとしていると思います。
小泉さん、別にジーコさんと中村俊輔と会って、ユニホームもらって着る必要はないでしょ。

街行く人々は…
やっぱり気付いてる人は多いと思います。
べつに、撞着に気付いたからといってリアクションを起こす必要を感じていないだろうし、
よく探せば起こされたりアクションの影は見つかります。
ただ、気付かずやり過ごしている人もいるかもしれない。
それが世論の怖さなのでしょうか。

そんな意地の悪い見方をしないで、
国を愛する心、郷土を愛する心
というものが、スポーツから生まれるんだ、と思っていてもいいわけですが。
この矛盾を意識していないと、
その上でスポーツから生まれる愛する心を扱わないと、
いつかどこかでそれらがすりかえられる
そういう危険があるような気がしてならないのです。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
PROFILE
もともと色がよかったわけでも
全てがいたづらだったわけでも
深くよをながめていたわけでも
ないけれど
それでも
うつりにけりな
と思ってしまう今日この頃
               HN:
               Dolphin

お知らせ:当ブログではトラックバックを承認制にしております。トラックバック後すぐには反映されません。
記事やブログに無関係なトラックバック、コメントは削除することがございます。

カウンター:
参加中:にほんブログ村
ランキング参加中:BlogPeople
このブログの購読:RSSフィード

NEW CM&TB
NEW COMMENTS
秋って…なんだろBlogPetのはなの
(11/08)
きょうはなのは、BlogPetのはなの
(10/09)
ジューシーってなBlogPetのはなの
(09/13)

LATEST TRACKBACK
(10/11)
CALENDAR
06 2017/07 08
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
MEMOS
・・・ テンプレートに関して ・・・

・・・ タイトルに関して1 ・・・

・・・ タイトルに関して2 ・・・
忍者ブログ [PR]