忍者ブログ
色が 光が 音が 匂いが あちらこちらで賑やかにはじける嬉しさ
[1112]  [1111]  [1110]  [1109]  [1108]  [1107]  [1106]  [1105]  [1104]  [1103]  [1102
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「あんどーなつ」という、「ちりとてちん」でおなじみの貫地谷しほりちゃんが出ているドラマを、なんとはなしに見ていました。
その中で、花火をテーマに夏の和菓子を作っていました。
花火の和菓子…食べてみたい「花火」を想像してみたのが、上のフラッシュです。
静止画はこちらのリンクから。
羊羹の中に、色のついたあんこを金太郎飴状に入れて花火を作り、外からは真っ黒に見えるように周りを黒い羊羹で包み、さらに、花火の煙でかすむかんじに、外を寒天で包むの。
「くるぞ!くるぞ!」っていう期待感と、ぱっと開く瞬間の鮮やかな驚き、真っ暗な夜空が染まる美しさ、光ったと思ったら消えるはかなさ、なのにお腹に響く豪快な音。
さすがに音は無理だけど…期待感と、一瞬の鮮やかさをお菓子で表現するとしたら、切った時に何かが出てくるようなしかけができるかなーって。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
花火がテーマの和菓子ですか。
和菓子も花火も日本伝来のものって、形もこだわっていますが、見た目の色も拘りがあるから、綺麗ですよね。
夕べもテレビでやっていましたが、日本人の色彩感覚って素晴らしいと思います。
道慧 2008/07/22(Tue)15:01:44 編集
Re:無題
日本語の色名ってたくさんありますものね。
繊細な色の違いがすてきですよね。
加えて花火は、間や構成にも日本らしいこだわりがあってすてきだとおもいます。
【2008/07/24 01:36】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
PROFILE
もともと色がよかったわけでも
全てがいたづらだったわけでも
深くよをながめていたわけでも
ないけれど
それでも
うつりにけりな
と思ってしまう今日この頃
               HN:
               Dolphin

お知らせ:当ブログではトラックバックを承認制にしております。トラックバック後すぐには反映されません。
記事やブログに無関係なトラックバック、コメントは削除することがございます。

カウンター:
参加中:にほんブログ村
ランキング参加中:BlogPeople
このブログの購読:RSSフィード

NEW CM&TB
NEW COMMENTS
秋って…なんだろBlogPetのはなの
(11/08)
きょうはなのは、BlogPetのはなの
(10/09)
ジューシーってなBlogPetのはなの
(09/13)

LATEST TRACKBACK
(10/11)
CALENDAR
07 2017/08 09
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
MEMOS
・・・ テンプレートに関して ・・・

・・・ タイトルに関して1 ・・・

・・・ タイトルに関して2 ・・・
忍者ブログ [PR]