忍者ブログ
色が 光が 音が 匂いが あちらこちらで賑やかにはじける嬉しさ
[704]  [703]  [702]  [701]  [700]  [699]  [698]  [697]  [696]  [695]  [694
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

小さな星の王子様。
たくさんの星を旅してきて、
地球の砂漠におりたった王子さま。
愛しているバラに羊の友達をつくってあげたかったり、
不時着した飛行士、僕の描いた絵を象を飲んだウワバミだと言い当てたり、
大人の曇った心の霞を払ってくれる。

そんな王子様のオリジナルが、フランスからはるばる日本にまで来ていたようです。
美術館は古書店で買ったそうですが、その古書店はどこから入手したのでしょう。

箱根には「星の王子さまミュージアム」なる施設があります。
テーマパークのようにあちらこちらに星の王子様に関するモニュメントがあったり、
バラ園があったりする、
公園併設の資料館です。

サンテグジュペリの他の小説は読んだことがなくても、「星の王子さま」だけは読んだことがある、という人も多いのでは。
哲学がいっぱいにつまった絵本だから、世界中で読まれているのだと思います。

なぜ日本に…「星の王子さま」の原画か、山梨の博物館所有の水彩画
「えほんミュージアム清里」が所蔵する水彩画1枚が、フランスの作家サンテグジュペリの…「星の王子さま」の挿絵の原画である可能性が高いことが…分かった。
 47点ある挿絵の原画とされるものは、海外でも数点しか見つかっていないという。25日から東京・銀座の「サン=テグジュペリの星の王子さま展」で公開される。…
 同ミュージアムを経営する渋谷稔さんが1994年、東京の古書市で見つけ、120万円で購入。展覧会を主催するTBSが絵の存在を知り、調査した。…
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
PROFILE
もともと色がよかったわけでも
全てがいたづらだったわけでも
深くよをながめていたわけでも
ないけれど
それでも
うつりにけりな
と思ってしまう今日この頃
               HN:
               Dolphin

お知らせ:当ブログではトラックバックを承認制にしております。トラックバック後すぐには反映されません。
記事やブログに無関係なトラックバック、コメントは削除することがございます。

カウンター:
参加中:にほんブログ村
ランキング参加中:BlogPeople
このブログの購読:RSSフィード

NEW CM&TB
NEW COMMENTS
秋って…なんだろBlogPetのはなの
(11/08)
きょうはなのは、BlogPetのはなの
(10/09)
ジューシーってなBlogPetのはなの
(09/13)

LATEST TRACKBACK
(10/11)
CALENDAR
08 2017/09 10
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
MEMOS
・・・ テンプレートに関して ・・・

・・・ タイトルに関して1 ・・・

・・・ タイトルに関して2 ・・・
忍者ブログ [PR]